スポンサーリンク
車購入

フィット向け自動車保険の選び方:赤ちゃん子育て世代の私の体験談

フィットを新車で購入したとお伝えしましたが、車購入時に必要なのが保険の加入。私自身も保険代理店に足を運び、保険の種類がわかってきました。 任意保険の内容と私の選択 私自身もWeb見積もりや、店舗での保険相談を繰り返し、その中で以...
住まい・同棲

ベッド2台のすきまを埋めるパッド SP003利用レビュー

我が家はセミダブルベッド2つに、夫婦+子供の3人で寝ています。横幅は120cm×2=240cmあるので、スペース的には十分。唯一の難点はベッド間の隙間でした。真ん中の隙間部分は両ベッドの端になるため、マットレスも硬く、寝心地がイマイチ。 色々調べた結果、①隙間を何かで埋めて②2つのベッドを1つのシーツで覆う というのが解決策とわかりました。今回我が家で選んだ方法は①。具体的に解説していきます。
妊娠・育児

お金をかけない裏技!哺乳瓶を1分で冷やす方法[0円育児]

乳児期の子育てに使う、粉ミルク。こちらの冷却は、余った牛乳パックを使うと一瞬で適温に冷やすことができます。詳しく確認していきましょう。
車購入

3人家族でフィットを180万円で買った理由と、フリードとの見積もり比較

新生児含む3人家族の我が家は、自家用車としてホンダのFITを新車180万円で購入しました。フリードではなくフィット、またハイブリッド車ではなくガソリン車を選んだ決め手をご紹介します。 はじめに 車は生活の質を向上させる 我が家は東京都在...
妊娠・育児

生後7-12カ月 おすすめ育児グッズランキング

生後半年を過ぎ、だんだんと赤ちゃんの行動範囲が広がってきた時期。今まで以上に、子どもから目を離せなくなってくる時期でもあります。そんな時期の子育てをサポートしてくれるおすすめ育児グッズをいくつかピックアップしました。 生後3-...
妊娠・育児

生後3-6カ月 おすすめ育児グッズランキング

生後3カ月を過ぎると、ある程度育児の要領がわかってくるもの。しかし同時に首が座ったり、離乳食が始まったりと、次のステップに進む時期でもあります。そんな時期に育児を支えてくれる、便利な育児グッズをランキング。ご自身の育児スタイルに合わせて、購...
妊娠・育児

0歳児におすすめな幼児教育比較 – こどもちゃれんじ vs べびーくもん-

生後3か月ぐらいになってくると、育児の要領も少しつかみ始め、日々の生活に余裕が出てきます。そのタイミングで多くのパパママが考え始めるのが、幼児教育。それまではおむつ替えや授乳で精いっぱいだったけれども、そろそろ教育のことを考え始めたい…とい...
車購入

送迎・通院・買い物 車はマルチに活躍

いまではほぼ毎日車を使います。幼稚園の送り迎え、習い事の送り迎え、通院、買い物などです。自転車を使うこともありますが、ほとんど車に乗って移動します。子どもの荷物が多いですし、買い物にいけば荷物が増えますし、雨の日は車をしか外出できません。あとは幼稚園が少し遠いので、送り迎えは車を使います。 車だからこそ行ける場所はいろいろありますが、我が家がよく行く場所で言えばコバトンの森(アスレチック)や東武動物公園だと思います。電車で行くこともできますが、駅からけっこう歩くので車で行くほうが便利です。お弁当やワンタッチテントを持っていくので、荷物と子どもを連れて電車で行くのはかなり厳しいです。あとは下の子がまだ長い時間歩けないので、駅から遠い場所だと行きにくいです。
車購入

車で家族でアウトレットへGo

車で行った、思い出の場所は大洗水族館です。まだ息子が生まれる前に娘は水族館が好きで、色々と連れていったが大洗は日帰りで行ったが、広くて娘もまた行きたいと言っているくらいです(息子がもう少し大きくなれば行きたいと思っています)。また、御殿場や佐野プレミアムアウトレットにも行ったことがあります。
車購入

家族で車でスキー旅行

旅行では、長野県の白馬・菅平などへのスキーの時には車でほぼ毎年行っており、一番遠いところでは京都まで行きました。その他、埼玉県、群馬県、東京都などの近場の観光などにも使っていますし、海外旅行に行くにも空港まで車で行きます。車で観光に行くメリットは、・出発時間や到着時間をあまり気にしなくてよい・子供の偶発的なハプニングが起きても安心・電車代4人分よりも交通費が安くなることが多い・電車やバスの中で子供がグズって周りに気を使うことがない・ほぼ毎年キャンプで訪れる群馬県の上野村には、公共交通では行けないことなどが挙げられます。
スポンサーリンク